医学雑誌より主にメンタル系を部分的に訳しています

神経性食思不振症、神経性大食症、および過食性障害のDSM-5重症度指数の有効性④

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28623853

 

DISCUSSION:

Results demonstrated limited support for the validity of DSM-5 severity specifiers. Future research is warranted to explore additional validators and possible alternative indicators of severity in EDs.

The End

 

討論:

結果は、DSM-5重症度指定子の妥当性について限定的な立証を明示した。将来の研究は追加バリデータやED(接触障害)の代替可能な重症尺度を調査していくことが必要である。

おわり

神経性食思不振症、神経性大食症、および過食性障害のDSM-5重症度指数の有効性③

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28623853

 

RESULTS:

Severity categories did not differ in baseline validators, though the mild AN group evidenced greater ED symptoms compared to the severe group. In BN, greater severity was related to greater end of treatment binge-eating and compensatory behaviors, and lower likelihood of abstinence; however, in BED, greater severity was related to lower ED symptoms at the end of the treatment.

To be continued

 

結果:

重度の分類はバリデータ基準線に違いはなかったが、中度のAN(神経性食思不振症)グループは深刻なED(摂食障害)グループと比較して大きく立証された。より重度なBN(神経性大食症)において過食症や代償行動の治療目的と大きく関連があり、禁食の可能性は低かった。しかしながら、より重度なBED(過食性障害)の治療終了時にはED(摂食障害)の症状はより低くなる関連性があった。

つづく

 

神経性食思不振症、神経性大食症、および過食性障害のDSM-5重症度指数の有効性②

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28623853

 

METHOD:

Adults with AN (n = 109), BN (n = 76), and BED (n = 216) were identified from previous datasets. Concurrent validity was assessed by measures of ED psychopathology, depression, anxiety, quality of life, and physical health. Predictive validity was assessed by ED symptoms at the end of the treatment in BN and BED.

To be continued

 

方法:

以前のデータセットより、成人の神経性食思不振症(AN) (n = 109)、神経性大食症(BN) (n = 76)、および 過食性障害(BED) (n = 216)のものと同一のものとみなす。併存的妥当性は摂食障害(ED)の精神病理学うつ病、不安、生活の質、身体の健康の尺度で評価される。予測妥当性は神経性大食症(BN)と過食性障害(BED)の治療目的で摂食障害(ED)により評価される。

つづく

神経性食思不振症、神経性大食症、および過食性障害のDSM-5重症度指数の有効性①

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28623853←小分けにしていきます。

 

The validity of DSM-5 severity specifiers for anorexia nervosa, bulimia nervosa, and binge-eating disorder.

 

Abstract

OBJECTIVE:

The DSM-5 includes severity specifiers (i.e., mild, moderate, severe, extreme) for anorexia nervosa (AN), bulimia nervosa (BN), and binge-eating disorder (BED), which are determined by weight status (AN) and frequencies of binge-eating episodes (BED) or inappropriate compensatory behaviors (BN). Given limited data regarding the validity of eating disorder (ED) severity specifiers, this study examined the concurrent and predictive validity of severity specifiers in AN, BN, and BED.

To be continued

 

神経性食思不振症、神経性大食症、および過食性障害のDSM-5重症度指数の有効性

抄録

目的:

DSM-5は体重の変化のAN(神経性食思不振症)、過食エピソードのBED(過食性障害)または不適切な代償行動のBN(神経性大食症)によって決定されるAN(神経性食思不振症)、BN(神経性大食症)、およびBED(過食性障害)の重症度指数(すなわち、軽度、中度、重度、極度)を包括している。摂食障害の有効性に関しては限られたデータと考えられるため、本研究はAN、BMおよびBEDの併存的予測妥当性を調査する。

つづく

思春期の少女における臨床生理学の特徴と無力症障害の治療③

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28617383

 

RESULTS AND CONCLUSION:

The high level of anxiety resulted in the development of autonomic symptoms and cephalgia. The EEG study showed that women with neurasthenia were characterized by lower alpha-rhythm power in the occipital sites compared with healthy peers. Treatment with cortexin improved patient's condition in 80% of cases that was supported by the positive EG dynamics.

The End

 

結果と結論:

高レベルの心配は自律神経症状や頭痛に発展していく結果となった。脳波賦活(EEG)研究は神経衰弱を持つ女性は健康な人と比べて後頭部のα波長が低めであることが特徴的だった。コルテキシン治療はポジティブEG機能により立証されたので、症例の80%の患者の症状が回復した。

おわり

思春期の少女における臨床生理学の特徴と無力症障害の治療②

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28617383

MATERIAL AND METHODS:

Seventy-five women, aged 14-17 years, who were diagnosed with neurasthenia (ICD-10 F.48.0), were examined. Conventional neurological examination, a 10-point Visual Analogue Scale, the Multidimensional Fatigue Inventory (MFI-20), the A.M. Vein questionnaire, the Spielberger-Khanin questionnaire and EEG were used.

To be continued

 

材料と方法:

神経衰弱症(ICD-10 F.48.0)と診断された14歳~17歳の75人の女性を調査した。通常の神経学検査である10段階痛みの評価スケール(VAS)、信頼性・妥当性の検討(MFI-20)、下肢静脈質問票、スピールバーガー・カーン質問票、脳波賦活(EEG)が用いられた。

つづく

思春期の少女における臨床生理学の特徴と無力症障害の治療①

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28617383←小分けにしていきます。

 

Сlinical and physiological characteristics and therapy asthenic disorders in adolescents girls

 

Abstract

AIM:

To study clinical and psychophysiological characteristics of asthenic disorders in adolescent girls in the aspect of treatment efficacy of cortexin.

To be continued

 

思春期の少女における臨床生理学の特徴と無力症障害の治療

 

抄録

目的

思春期の少女における無力症障害の臨床と精神生理学的特徴を、コルテキシン治療効果の側面から研究すること。

つづく