医学雑誌より主にメンタル系を部分的に訳しています

早期発症強迫性障害のヒト白血球抗原クラスII遺伝子④

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28562177

 

CONCLUSIONS:

Taking into account the role of HLA class II genes in the central nervous system, the results presented here support a role of the immune system in the pathophysiological model of OCD.

The End

 

結論:

中枢神経系におけるHLAクラスII遺伝子(ヒト白血球抗原クラスII遺伝子)の役割を考慮すると、ここで議論された結果はOCD(強迫性障害)の病態生理学的モデルにおける免疫系統の役割を支持する。

おわり

 

参考)

病態生理学は、人体の正常な機能が異常をきたしたり、調節機能が破綻した病気の身体機能の状態と破綻をきたす原因を解き明かす学問である。病理生理学ともいう。

Wikipediaより)

早期発症強迫性障害のヒト白血球抗原クラスII遺伝子③

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28562177

 

RESULTS:

None of the 39 alleles identified (allele frequency >1%) showed significant differences between OCD and reference populations. Pooling the different alleles that comprised HLA-DR4 (including DRB1*04:01, DRB1*04:04 and DRB1*04:05 alleles) we observed a significantly higher frequency (X21 = 5.53, P = 0.018; OR = 1.64, 95% CI 1.08-2.48) of these alleles in the early-onset OCD sample (10.8%) than in the reference population (6.8%).

To be continued

 

結果:

39人の対立遺伝子(対立遺伝子頻度>1%)は強迫性障害(OCD)と参照一般集団の間では特に目立つ違いは見られなかった。HLA-DR4(DRB1*04:01を含んでいる、DRB1*04:04 と DRB1*04:05 対立遺伝子)から成る異なる対立遺伝子を貯留していると、私たちは参照一般集団(6.8%)より早期発症強迫性障害(OCD)のサンプル (10.8%) の方が、著しくより高いHLA-DR4対立遺伝子頻度(X21 = 5.53, P = 0.018; OR = 1.64, 95% CI 1.08-2.48)に気づいた。

つづく

早期発症強迫性障害のヒト白血球抗原クラスII遺伝子②

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28562177

 

METHODS:

The present study explores the allele variability in HLA genes of class II (HLA-DRB1, HLA-DQB1) in a sample of 144 early-onset OCD compared with reference samples of general population in the same geographical area.

To be continued

 

方法:

本研究は同じ地理的領域における一般集団の参照サンプルと比較して、144人の早期発症強迫性障害のサンプルの中でHLA(ヒト白血球抗原)遺伝子クラスII(HLA-DRB1, HLA-DQB1)の対立遺伝子変異性を綿密に調査分析する。

つづく

早期発症強迫性障害のヒト白血球抗原クラスII遺伝子①

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28562177←小分けにしていきます。

 

Human-leukocyte antigen class II genes in early-onset obsessive-compulsive disorder.

 

Abstract

OBJECTIVE:

The exact aetiology of obsessive-compulsive disorder (OCD) is unknown, although there is evidence to suggest a gene-environment interaction model. Several lines of evidence support a possible role of the immune system in this model.

To be continued

 

早期発症強迫性障害のヒト白血球抗原クラスII遺伝子

 

抄録

目的:

強迫性障害(OCD)の正確な病因は未知であるが、遺伝子-環境相互作用モデルを示唆する証拠はある。いくつかの証拠はこのモデルにおいて免疫機構の可能性ある役割を立証する。

つづく

双極性障害の自己管理におけるオンラインとモバイル技術④

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28594196

 

CONCLUSIONS AND IMPLICATIONS FOR PRACTICE:

Both eHealth and mHealth programs present a wide range of self-management strategies for bipolar disorder, although individuals seeking comprehensive interventions might be best served by eHealth programs, while those seeking more condensed and direct interventions might prefer mHealth programs.

The End

 

結論と臨床実践:

包括的な介入を求める個人はeHealthプログラムが最善の方法かもしれないけれども、より凝縮された直接介入を求める人はmHealthプログラムの方を好むかもしれないと、両方のeHealthとmHealthのプログラムは双極性障害の自己管理戦略において広範囲に効果がある。

おわり

双極性障害の自己管理におけるオンラインとモバイル技術③

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28594196

 

RESULTS:

From 1,654 publications, 15 papers were identified for inclusion. From these, 9 eHealth programs and 2 mHealth programs were identified. The most commonly supported self-management strategy categories were "ongoing monitoring," "maintaining hope," "education," and "planning for and taking action"; the least commonly supported categories were "relaxation" and "maintaining a healthy lifestyle." eHealth programs appear to provide more comprehensive coverage of self-management strategies compared with mHealth programs.

To be continued

 

結果:

1654冊の出版物から15本の論文にまとめられていたことが明らかになった。9つのeHealthプログラムと2つのmHealthプログラムが特定されていた。自己管理戦略のカテゴリーで最も一般的に支持されているものは「継続的な監視」、「希望の維持」「教育」、「行動計画」であった。少なくとも一般的に支持されているものは「リラクゼーション」と「健康生活の維持」であった。eHealthプログラムはmHealthと比較して自己管理戦略の有効範囲がより広く備わっているように見える。

つづく

双極性障害の自己管理におけるオンラインとモバイル技術②

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28594196

 

METHOD:

Based on 3 previous studies, 7 categories of self-management strategies related to bipolar disorder were identified, followed by a systematic literature review to identify existing eHealth and mHealth programs for this disorder. Searches were conducted by using PubMed, CINAHL, PsycINFO, EMBASE, and the Cochrane Database of Systematic Reviews for relevant peer-reviewed articles published January 2005 to May 2015. eHealth and mHealth programs were summarized and reviewed to identify which of the 7 self-management strategy categories were supported by eHealth or mHealth programs.

To be continued

 

方法:

3つの以前の研究に基づいて、双極性障害に関連している自己管理戦略の7つのカテゴリーが認識され、この疾患にとって既存のeHealthとmHealthプログラムを特定するために組織の文献報告が採用された。調査は2005年1月~2015年5月までに発行された適切な当事者報告に関連した組織報告をPubMed, CINAHL, PsycINFO, EMBASE, and the Cochrane Databaseを用いて行われた。eHealthとmHealthプログラムは集約され、7つの自己管理戦略のうちどのカテゴリーがeHealth または mHealth プログラムで支持されたか特定し報告された。

つづく