医学雑誌より主にメンタル系を部分的に訳しています

肥満の機序、病態生理学および管理

Mechanisms, Pathophysiology, and Management of Obesity

Obesity is prevalent in the U.S. population and contributes significantly to morbidity and mortality. Treatments include behavioral therapy, pharmacotherapy, and bariatric surgery. Some sequelae of obesity are reversed with weight loss. Maintaining weight loss is a challenge.

 

肥満の機序、病態生理学および管理

肥満は米国人口において一般的で、顕著に罹患率と死亡率に寄与している。治療には行動療法、薬物療法および肥満手術がある。肥満の後遺症は体重が減少してもしばらくすると元に戻ってしまう。体重減少の維持は難しい。

http://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMra1514009