医学雑誌より主にメンタル系を部分的に訳しています

肥満と双極性障害との潜在的関連性:メタ分析

The potential association between obesity and bipolar disorder: A meta-analysis.

Abstract

BACKGROUND:

Several epidemiological studies have found that the prevalence of bipolar disorder (BD) is significantly higher in obese population than non-obese population. However, no meta-analysis has been published to quantitatively summarize the related literature.

METHODS:

In this study, we conducted a meta-analysis to explore the association between obesity and BD by combining 9 cross-sectional studies with a total of 12,259 BD cases and 615,490 non-BD controls. The meta-analysis was performed using the effect estimates and 95% confidence intervals (CIs) to calculate the pooled odds ratio (OR), while the heterogeneity was assessed using I(2) and Q statistic.

RESULTS:

Our meta-analysis suggests that obesity is associated with increased prevalence of BD by a random-effect model (OR=1.77, 95% CI: 1.40-2.23; Q=44.62, P<0.001, I(2)=82.1%).

LIMITATION:

Without prospective studies, we cannot determine whether obesity increased the risk of developing BD or vice-versa.

CONCLUSION:

Obesity is positively associated with BD.

  

肥満と双極性障害との潜在的関連性:メタ分析

抄録

背景

いくつかの疫学研究において双極性障害(BD)の有病率は、肥満でない人より肥満の人の方がより高いことを発見した。しかし、定量的に要約した関連文献を掲載しているメタ分析はない。

方法

この研究では、BDの12,259症例と非BDの615,490対照例を合算して9回の断面調査を組み合わせて、肥満とBDとの関連性を調査するメタ分析を行った。メタ分析は、I(2)とQ統計値で異質性を評価するが、混合したオッズ比(OR)を算出するために効果推定値と95%信頼区間(CIs)を使用して実行された。

結果

メタ分析は、ランダム効果モデル(OR=1.77, 95%CI:1.40-2.23; Q=44.62, P<0.001, I(2)=82.1%) によって肥満はBDの有病率の増加に関連していることを示唆している。

限界

計画研究がなくては、肥満はBD発症の危険性を増加しているのか、または逆にBD発症が肥満の危険性を増加しているのか特定することはできない。

結論

肥満は確かにBDと関連している。

The potential association between obesity and bipolar disorder: A meta-analysis. - PubMed - NCBI