医学雑誌より主にメンタル系を部分的に訳しています

左利きを考察する

Thinking laterally

 

Left-handedness has long been a topic of public fascination and folklore, a behavioural curiosity that has been linked to almost every trait imaginable. To some, left-handedness is an indicator of genius; one might cite Einstein and Hendrix as exemplars of left-handed intellect and creativity. For Ceasare Lombroso, the “father of modern criminology”, left-handedness was a sure sign of insanity, criminality, and feeblemindedness. More recently, researchers have linked left-handedness to a variety of disorders, including autism, schizophrenia, and post-traumatic stress disorder.

 

左利きを考察する

 

左利きは考えられる限り、ほとんどのあらゆる特性を関連する行動の好奇心が一般的な魅力となり、民間伝承のテーマに長い間なっている。ある人は、左利きは天才を指示する。つまり左利きが知性や創造力の手本となるようなアインシュタインやヘンドリックスを理由にひきあいにだす。近代犯罪学の父であるチェーザレ・ロンブローゾは、左利きは精神障害、犯罪性、精神薄弱の確かな兆候としていた。最近では、研究者たちは自閉症統合失調症、外傷後のストレス障害を含むさまざまな疾患が左利きに関連しているとみている。

http://thelancet.com/journals/laneur/article/PIIS1474-4422(16)30390-8/fulltext