医学雑誌より主にメンタル系を部分的に訳しています

ベンゾジアゼピン依存症

Treatment of Benzodiazepine Dependence

 

Long-term use of benzodiazepines can lead to dependence. Symptoms of withdrawal include anxiety, irritability, confusion, seizures, and sleep disorders. Withdrawal management relies on the use of a single agent (diazepam) and gradual dose reduction.

 

ベンゾジアゼピン依存症の治療

 

ベンゾジアゼピンの長期使用は依存に至ることがある。離脱症状は、不安、イライラ、錯乱、発作、睡眠障害を含む。離脱症状の管理は、単一の薬剤 (ジアゼパム) に頼り徐々に用量を減量していく。

http://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMra1611832

 

参考)

ベンゾジアゼピン

抗不安、睡眠、抗痙攣、骨格筋弛緩に作用する薬。

厚労省 承認用量でも漫然投与で依存性 ベンゾジアゼピン系薬等44成分の添付文書改訂指示 | 国内ニュース | ニュース | ミクスOnline

 

ジアゼパム

主に抗不安薬、抗けいれん薬、催眠鎮静薬として用いられる、ベンゾジアゼピン系の化合物である。筋弛緩作用もある。アルコールの離脱や、ベンゾジアゼピン離脱症候群の管理にも用いられる。(ウィキペディアより抜粋)