医学雑誌より主にメンタル系を部分的に訳しています

包括的失語症テストにおける言語間の適応性:課題と解決策

Cross-linguistic adaptations of The Comprehensive Aphasia Test: Challenges and solutions.

 

Abstract

Comparative research on aphasia and aphasia rehabilitation is challenged by the lack of comparable assessment tools across different languages. In English, a large array of tools is available, while in most other languages, the selection is more limited. Importantly, assessment tools are often simple translations and do not take into consideration specific linguistic and psycholinguistic parameters of the target languages. As a first step in meeting the needs for comparable assessment tools, the Comprehensive Aphasia Test is currently being adapted into a number of languages spoken in Europe. In this article, some key challenges encountered in the adaptation process and the solutions to ensure that the resulting assessment tools are linguistically and culturally equivalent, are proposed. Specifically, we focus on challenges and solutions related to the use of imageability, frequency, word length, spelling-to-sound regularity and sentence length and complexity as underlying properties in the selection of the testing material.

 

抄録

失語症失語症リハビリテーションの比較研究は、異なる言語間での比較評価が不足していることが課題となっている。英語では多数のツールがあるが、ほとんどの他言語は選択肢により限界がある。重要なことは、評価ツールはしばしば単純な訳となっていて、専門用語や目的の言語である心理言語学の指標を考慮しない。ニーズのある比較評価ツールのミーティングでの第1歩は、包括的失語症テストは現在ヨーロッパで話されているたくさんの言語に適している。この記事は、ある鍵となる課題に直面しており、適正なプロセスや文化的に同等の結果を保証する評価ツールを解決策に提案している。具体的に、イメージ能力、頻度、語長、スペルと音の規則性、センテンスの長さや複雑性を、テスト材料の選択肢の根底にある特性として使用することに関連づけ課題と解決に焦点をあてる。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28448766