医学雑誌より主にメンタル系を部分的に訳しています

若年性筋緊張性ジストロフィー 1型における妄想性障害および精神病性障害

Delusional and psychotic disorders in juvenile myotonic dystrophy type-1.

 

Abstract

We investigated the clinically derived hypothesis of a relatively high incidence of delusional and psychotic disorders in adolescents with juvenile Myotonic Dystrophy type-1 (DM1). Twenty-seven subjects of age 16-25 with juvenile DM1 and their parents were invited to have a clinical psychiatric interview, and to complete an ASEBA behavior checklist (YSR, ASR, CBCL, and ABCL). We diagnosed a Delusional Disorder in 19% of our patients and a Psychotic Disorder not otherwise specified in another 19%. These two groups of patients had a significantly worse level of clinically defined general functioning. It is clinically relevant to investigate in patients with juvenile DM the symptom of delusions and the presence of a delusional and psychotic disorder, and to consider the presence of juvenile DM in youngsters presenting with such a thought disorder. These disorders compromise the general functioning of the subjects and are often to some extent treatable.

 

若年性筋緊張性ジストロフィー 1型における妄想性障害および精神病性障害

 

抄録

若年性筋緊張性ジストロフィー 1 (DM1) を有する青年において、高い確率の妄想性障害および精神病性障害に関して臨床的に導きだされた仮説を調査した。若年性DM1を有する16歳~25歳までの27名の被検者とその両親は、臨床精神医学の面接を受け、ASEBA行動チェックリスト(YSR,ASR,CBCLおよびABCL)の完成を求められた。患者の19%が妄想性障害、その他の患者のうち19%が特定されていない精神病であると診断された。これらの患者の2つのグループは、臨床的に定義された一般の機能的レベルより顕著に悪かった。若年性DMを有する患者より妄想の症状、妄想と精神病の存在を調査し、そのような障害が若者の間で存在することを考察することは、臨床的に適切なことである。これらの疾患は課題から一般的要因に歩み寄り、よくある治療にこぎつける。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28449271