医学雑誌より主にメンタル系を部分的に訳しています

高年齢の父親から生まれる子供の早期統合失調症との関連分析

Advanced paternal age is associated with earlier schizophrenia onset in offspring. Results from the national multicentric FACE-SZ cohort.

 

Abstract

The association between advanced paternal age (APA) and increased risk of schizophrenia (SZ) is well established. The objectives of the present study were to further determine if SZ participants with APA (APA+), versus those without (APA-), had: (i) different illness characteristics; (ii) different responses to antipsychotic medication; and (iii) different cognitive characteristics. Participants were a non-selected representative multicentric sample of stabilized community-dwelling people diagnosed with SZ included in the FACE-SZ cohort. 389 participants (73% males, mean aged 32.7 years, mean illness duration 10.8 years) formed the study sample, with each comprehensively evaluated, clinically and neuropsychologically, over 2 days. 118 participants (30.3%) were defined as APA+ according to their father's age at birth (≥35 years). APA+ was associated with a wide range of cognitive dysfunctions in univariate analyses. In multivariate analyses, the only significant difference was the age at onset, with a mean 1.6 year earlier in APA+, compared to APA- (20.7 vs. 22.3 years; p=0.02). This difference is independent of sociodemographic characteristics and I.Q. No association with clinical symptomatology and treatment response was found. The present study supports the neomutation hypothesis and confirms APA as a relevant clinical variable to discriminate potential schizophrenia subtypes. Potential underlying pathophysiological mechanisms are discussed.

 

国民の大多数からFACE-SZ コホートの結果、高年齢の父親をもつ子供は早期統合失調症を発症する関連性がある

 

抄録

高年齢の父親(APA)統合失調症(SZ)のリスクの関連性は十分確立されている。現在の研究の目的は、高年齢の父親(APA+)から生まれた子供の統合失調症(SZ)と高年齢ではない父親(APA-)から生まれた子供の統合失調症(SZ)は、(1)疾患の特徴は異なるのか、(2)抗精神病薬の投薬による反応の違い、(3)認知の特徴の違いを未来に向けて明らかにしたかった。当事者はFACE-SZコホートの中からSZと診断された人で多数の安定したコミュニティー住宅から無選抜で代表者を選択した。389人の当事者たち(73%男性で平均32.7歳、発症から平均10.8)が、臨床的かつ神経心理学的に2日以上それぞれ包括的に見極めて、研究のサンプルに使われた。118人の当事者たち(30.3%)は、父親35歳以上の時に生まれたAPA+として定められた。APA+は、単変量解析における認知機能障害が大幅に関連していた。多変量解析によると、単に発症の年齢が明らかに異なっており、APA+APA-を比較してAPA+1.6年早く発症していた (20.7歳対22.3歳、p=0.02) 。この違いは、社会人口学的特徴とI.Q.による独自のものである。臨床症候と治療の反応と関連するものは見つからなかった。現在の研究は、新型突然変異の仮説を支持し、潜在的統合失調症亜型と識別するために、臨床的に変異性と関連あるようなAPAを確認する。潜在的な根底にある病態生理学的メカニズムについて議論されている。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28476014