医学雑誌より主にメンタル系を部分的に訳しています

うつ病の治療においてブプレノルフィンの使用について

Use of Buprenorphine in treatment of refractory depression-A review of current literature.

Abstract

OBJECTIVE:

Current treatment strategies for depressive disorders have limited efficacy, leaving many patients unimproved or with significant residual symptoms. The development of additional treatments represent a significant unmet need for providers. Several lines of evidence suggest that the opioid system may be involved in regulation of mood and incentives salience. Intervention based on modifying central opioid receptors may represent a novel approach to treatment of depressive disorders among those unresponsive to accepted treatments.

DATA SOURCES:

We searched the English language literature using keywords: Buprenorphine AND Major Depression; Buprenorphine AND Bipolar Depression; Buprenorphine AND Affective Disorders.

RESULTS:

Use of low dose buprenorphine as augmentation of pharmacotherapy for depression has shown promise in several reported studies. Effect size of available randomized controlled studies is comparable if not greater than most accepted augmentation strategies.

CONCLUSION:

Review of available literature on the use of buprenorphine in individuals with treatment resistant depression demonstrated efficacy in the treatment of depressive disorders. Further prospective randomized controlled trials should be undertaken to evaluate the efficacy of buprenorphine as an adjunct for depression refractory to current pharmacotherapies.

 

難治性うつ病Aの治療にブプレノルフィンを使用する現在の文献報告

 

抄録

 

目的:

うつ病における現在の治療戦略は、改善せず、症状に顕著な残留が残り効果に限界がある。さらに治療の開発は提供者に必要なものは明らかに満たされていないことを示す。オピオイド系が示す数種類の証拠は、気分の規則性や動機の特徴を示唆するだろう。中枢に作用するオピオイド受容体の基礎的介入は、効果が表れない治療の間で、うつ病の治療に近づけるかもしれない。

 

データソース:

キーワード(ブプレノルフィンと大うつ病、ブプレノルフィンと双極性うつ病、ブプレノルフィンと気分障害)で英語の文献を調べた。

 

結果:

うつ病薬物療法の促進としてブプレノルフィン法を用いることは、数種類の研究で有望であると報告されている。無作為比較研究のできる限りの効果における大きさは、促進戦略をほぼ受け入れるより大きくないにせよ同等に匹敵する。

 

結論:

うつ病の抗体治療における独自的なブプレノルフィンの使用を可能とする文献の報告は、うつ病の治療に効能があるものとして供覧されている。現在の薬物療法の展望では難治性のうつ病において、無作為比較試験は補助薬としてブプレノルフィンの効能を評価して着手するべきである。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28483102