医学雑誌より主にメンタル系を部分的に訳しています

双極性障害と物質使用障害③

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28490234

RESULTS:

BD displayed increased BIS, BIS/BAS scores, reduced performance on the Cambridge Gambling and Rapid Visual Processing, and Affective Go/No-Go tasks compared to HC. Comparisons between BD with and without SUD showed increased BIS Motor impulsiveness. The overall predictive power of DFA was weak.

 

To be continued

 

結果:

双極性障害(BD)は行動抑制系、行動抑制系・行動賦活系尺度(BISBIS/BAS)スコア、ケンブリッジ用ギャンブルと迅速視覚処理(the Cambridge Gambling and Rapid Visual Processing)ではパフォーマンスの低下、健常者(HC)と比較したゴー・ノーゴー課題(Go/No-Go tasks)は感情的だったことが高く見られた。BDに物質使用障害(SUD)の併発有無で比較すると、BIS衝動的であることが上昇していた。判別関数分析(DFA)では全体的に予測力が弱かった。

 

参考)

Go/No-Go tasks:ゴー・ノーゴー課題

認知心理学におけるゴー・ノーゴー課題では、単純な反応を抑止する能力を測定する。

 

つづく