医学雑誌より主にメンタル系を部分的に訳しています

リチウムの毒性

Do not treat the numbers: lithium toxicity.

 

Abstract

 

We describe the case of a 62-year-old man with a history of bipolar disorder, previously stable on lithium for over 20 years, who presented with a manic relapse and signs of lithium toxicity in the form of a coarse tremor. Serum lithium levels were in the normal range, and the patient had stage 3 chronic kidney disease. He was admitted for treatment under Section 2 of the Mental Health Act, and after stopping lithium was started on olanzapine. Signs of lithium toxicity improved after withdrawal of lithium. This case highlights the need to treat normal serum lithium levels with caution in patients showing signs of clinical lithium toxicity.

 

多数治療禁止:リチウムの毒性

 

抄録

双極性障害の病歴をもつ62歳男性の症例を説明する。以前、20年以上リチウムで病状が安定したが、躁病が再発し、粗大振戦の形態にリチウム毒性の兆候があり議論された。リチウムの血中濃度は正常範囲で、患者はステージ3の慢性腎不全があった。彼は精神保健福祉法2条のもとで入院治療させられ、リチウムを辞めた後はオランザピンを開始された。リチウム毒性の兆候は、リチウムを中止したあと増加した。この症例は患者が臨床的なリチウム毒性の兆候を見せていたら、注意して正常なリチウム血中濃度に治療する必要性を強調する。

 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28576914