医学雑誌より主にメンタル系を部分的に訳しています

双極性障害でQT延長症候群をもつ青年の治療①

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28559636  ←小分けにしていきます

 

Treating an Adolescent with Long QT Syndrome for Bipolar Disorder: A Case Presentation.

 

Abstract

OBJECTIVES:

Long QT syndrome (LQTS) is described as the development of sudden syncope attacks or death as a result of ventricular tachycardia (VT) episodes that might be observed as elongated QT interval in electrocardiography (ECG). Implantable Cardioverter Defibrillator (ICD) is recommended as first-line treatment for the condition in guidelines. We aimed to present an adolescent recently diagnosed with Bipolar Disorder (BD) who had LQTS that was treated with ICD, discussing her follow up and treatment along with relevant literature.

To be continued

 

双極性障害でQT延長症候群をもつ青年の治療:症例提示

 

抄録

目的:

QT延長症候群(LQTS)は、心電図検査(ECG)で不整脈の間隔が観察されるかもしれない心室頻拍(VT)の結果として突然の失神発作あるいは死の事態になりえるような特徴が述べられている。植込み型除細動器(ICD)はガイドライン規約で第一選択治療として推奨される。最近、ICDで治療されたLQTSを持った双極性障害(BD)と診断された若者を目的として、関連文献と共に対応や治療を議論している。

つづく

参考)

QT延長症候群(-えんちょうしょうこうぐん,long QT syndrome; LQTS)は、心臓の収縮後の再分極の遅延がおき、心室頻拍(Torsades de Pointes:TdP心室不整脈の一種)のリスクを増大させる心臓疾患である。(Wikipediaより抜粋)