医学雑誌より主にメンタル系を部分的に訳しています

双極性障害の自己管理におけるオンラインとモバイル技術③

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28594196

 

RESULTS:

From 1,654 publications, 15 papers were identified for inclusion. From these, 9 eHealth programs and 2 mHealth programs were identified. The most commonly supported self-management strategy categories were "ongoing monitoring," "maintaining hope," "education," and "planning for and taking action"; the least commonly supported categories were "relaxation" and "maintaining a healthy lifestyle." eHealth programs appear to provide more comprehensive coverage of self-management strategies compared with mHealth programs.

To be continued

 

結果:

1654冊の出版物から15本の論文にまとめられていたことが明らかになった。9つのeHealthプログラムと2つのmHealthプログラムが特定されていた。自己管理戦略のカテゴリーで最も一般的に支持されているものは「継続的な監視」、「希望の維持」「教育」、「行動計画」であった。少なくとも一般的に支持されているものは「リラクゼーション」と「健康生活の維持」であった。eHealthプログラムはmHealthと比較して自己管理戦略の有効範囲がより広く備わっているように見える。

つづく