医学雑誌より主にメンタル系を部分的に訳しています

思春期の少女における臨床生理学の特徴と無力症障害の治療②

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28617383

MATERIAL AND METHODS:

Seventy-five women, aged 14-17 years, who were diagnosed with neurasthenia (ICD-10 F.48.0), were examined. Conventional neurological examination, a 10-point Visual Analogue Scale, the Multidimensional Fatigue Inventory (MFI-20), the A.M. Vein questionnaire, the Spielberger-Khanin questionnaire and EEG were used.

To be continued

 

材料と方法:

神経衰弱症(ICD-10 F.48.0)と診断された14歳~17歳の75人の女性を調査した。通常の神経学検査である10段階痛みの評価スケール(VAS)、信頼性・妥当性の検討(MFI-20)、下肢静脈質問票、スピールバーガー・カーン質問票、脳波賦活(EEG)が用いられた。

つづく