医学雑誌より主にメンタル系を部分的に訳しています

思春期の少女における臨床生理学の特徴と無力症障害の治療③

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28617383

 

RESULTS AND CONCLUSION:

The high level of anxiety resulted in the development of autonomic symptoms and cephalgia. The EEG study showed that women with neurasthenia were characterized by lower alpha-rhythm power in the occipital sites compared with healthy peers. Treatment with cortexin improved patient's condition in 80% of cases that was supported by the positive EG dynamics.

The End

 

結果と結論:

高レベルの心配は自律神経症状や頭痛に発展していく結果となった。脳波賦活(EEG)研究は神経衰弱を持つ女性は健康な人と比べて後頭部のα波長が低めであることが特徴的だった。コルテキシン治療はポジティブEG機能により立証されたので、症例の80%の患者の症状が回復した。

おわり