医学雑誌より主にメンタル系を部分的に訳しています

神経性食思不振症、神経性大食症、および過食性障害のDSM-5重症度指数の有効性①

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28623853←小分けにしていきます。

 

The validity of DSM-5 severity specifiers for anorexia nervosa, bulimia nervosa, and binge-eating disorder.

 

Abstract

OBJECTIVE:

The DSM-5 includes severity specifiers (i.e., mild, moderate, severe, extreme) for anorexia nervosa (AN), bulimia nervosa (BN), and binge-eating disorder (BED), which are determined by weight status (AN) and frequencies of binge-eating episodes (BED) or inappropriate compensatory behaviors (BN). Given limited data regarding the validity of eating disorder (ED) severity specifiers, this study examined the concurrent and predictive validity of severity specifiers in AN, BN, and BED.

To be continued

 

神経性食思不振症、神経性大食症、および過食性障害のDSM-5重症度指数の有効性

抄録

目的:

DSM-5は体重の変化のAN(神経性食思不振症)、過食エピソードのBED(過食性障害)または不適切な代償行動のBN(神経性大食症)によって決定されるAN(神経性食思不振症)、BN(神経性大食症)、およびBED(過食性障害)の重症度指数(すなわち、軽度、中度、重度、極度)を包括している。摂食障害の有効性に関しては限られたデータと考えられるため、本研究はAN、BMおよびBEDの併存的予測妥当性を調査する。

つづく