医学雑誌より主にメンタル系を部分的に訳しています

神経性食思不振症、神経性大食症、および過食性障害のDSM-5重症度指数の有効性②

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28623853

 

METHOD:

Adults with AN (n = 109), BN (n = 76), and BED (n = 216) were identified from previous datasets. Concurrent validity was assessed by measures of ED psychopathology, depression, anxiety, quality of life, and physical health. Predictive validity was assessed by ED symptoms at the end of the treatment in BN and BED.

To be continued

 

方法:

以前のデータセットより、成人の神経性食思不振症(AN) (n = 109)、神経性大食症(BN) (n = 76)、および 過食性障害(BED) (n = 216)のものと同一のものとみなす。併存的妥当性は摂食障害(ED)の精神病理学うつ病、不安、生活の質、身体の健康の尺度で評価される。予測妥当性は神経性大食症(BN)と過食性障害(BED)の治療目的で摂食障害(ED)により評価される。

つづく