医学雑誌より主にメンタル系を部分的に訳しています

神経性食思不振症、神経性大食症、および過食性障害のDSM-5重症度指数の有効性③

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28623853

 

RESULTS:

Severity categories did not differ in baseline validators, though the mild AN group evidenced greater ED symptoms compared to the severe group. In BN, greater severity was related to greater end of treatment binge-eating and compensatory behaviors, and lower likelihood of abstinence; however, in BED, greater severity was related to lower ED symptoms at the end of the treatment.

To be continued

 

結果:

重度の分類はバリデータ基準線に違いはなかったが、中度のAN(神経性食思不振症)グループは深刻なED(摂食障害)グループと比較して大きく立証された。より重度なBN(神経性大食症)において過食症や代償行動の治療目的と大きく関連があり、禁食の可能性は低かった。しかしながら、より重度なBED(過食性障害)の治療終了時にはED(摂食障害)の症状はより低くなる関連性があった。

つづく