医学雑誌より主にメンタル系を部分的に訳しています

神経性食思不振症、神経性大食症、および過食性障害のDSM-5重症度指数の有効性④

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28623853

 

DISCUSSION:

Results demonstrated limited support for the validity of DSM-5 severity specifiers. Future research is warranted to explore additional validators and possible alternative indicators of severity in EDs.

The End

 

討論:

結果は、DSM-5重症度指定子の妥当性について限定的な立証を明示した。将来の研究は追加バリデータやED(接触障害)の代替可能な重症尺度を調査していくことが必要である。

おわり